基礎編19 解答

問題181:〇 準占有者には、受領権限があるように見える者や、債権者の代理人と偽った者(詐称代理人)も含まれる。


問題182:〇 




問題183:〇 債権者が弁済を受領できない場合債務者に落ち度がないのに債権者を確定できない場合も同じ。


問題184:✖ 債権を10年放置すると、消滅時効に掛かる。

消滅時効とは? 長期間放置されている権利を法的に存在しないと扱う制度の事。



問題185:✖ 消滅時効は請求・仮差し押さえ・差し押さえ・仮処分・承認によって中断する。また、中断するとそれまでに経過した期間はご破算となる。


問題186:〇 催告後6か月以内に訴えの提起などをすると、時効は中断する。


問題187:✖ 時効完成前に時効の利益を放棄する事は出来ない。ただし、時効完成後であれば、放棄は可能。


問題188:〇 


問題189:✖ 債権は、原則として譲渡人と譲受人の合意だけで自由に譲渡できる。


問題190:〇


この記事へのコメント