基礎編18

問題171:人の人に対する権利を物権と言い、人の物に対する権利を債権と言う。


問題172:債権の裏返しとして、特定の行為をしなければならないという義務がある物を債務と言う。




問題173:債権の内容を実現する事を、弁済と言う。


問題174:弁済は、債務の本旨に従ったものでなくても良い。


問題175:原則として、弁済によって債権は消滅する。


問題176:債務者以外の第三者は、自分の名前で弁済する事が出来ない。


問題177:弁済は、債務者または債権者から受領権限を与えられた者に対して行うのが原則。


問題178:弁済者は、受取証書と引換えにしか弁済をしないと主張できる。


問題179:利害関係のない第三者は、債務者の意思に反して弁済する事が出来る。


問題180:債権者の準占有者に対して善意無過失で行った弁済は、無効である。



この記事へのコメント